安全なパスワードとは、他人に推測されにくく、

ハッキングツールなどの機械的な処理で割り出しにくいものが望ましいです

 

では具体的に

・推測しやすいパスワード

・機械的に割り出しやすいパスワード

とはどんなものでしょうか?

 

例えば…

●自分の名前や家族の名前のほか、ペットの名前など個人と関係の深い名称

●電話番号、郵便番号、生年月日など、調べればすぐわかってしまうもの

●学生証や職員証の番号、クレジットカードのカード番号などの番号類

●辞書に載っているような一般的な英単語

●「abcabc」「112233」「xxxx」など、同じ文字の繰り返し

ユーザー名とパスワードが同じ文字列

短かすぎる文字列7文字以下)

 

これらの条件に心当たりがある方は注意してください。

あなたの知らない間に、パスワードが第三者に盗まれているかもしれません

 

では反対に安全なパスワードとは?

●名前などの個人情報からは推測できないこと

●英単語などをそのまま使用していないこと

●アルファベットと数字が混在していること

ある程度の長さの文字列であること(最低8文字)

 

といった条件の複数(理想としてはすべて)を満たすパスワードとなります

でも、これだけではパスワードにできるものが何もない。

と仰られる方も居るかもしれません。

 

しかしこんな感じでお手軽に作ることができます

例えば「nagoya」と言う地名とその市外局番「052」を組みあわせ…

nag052oya  中央に市外局番

na0go5ya2  交互に市外局番

na052goya  頭から3番目に市外局番

 

単語の英文字を数字に置き換える(A1Z26とし、順番に数字を割り振る)

n1g15y1s8i 1=A 15=O 8=H でnagoyashi

daio419gaku 4=D 1=A 9=I でdaidodaigaku

 

覚え切れない場合もパスワードそのものをメモするのではなく

パスワードを推測するヒントを記入するようにする

 

またこれらの条件のほかに

複数の箇所で同一のパスワードを使用する行為も非常に危険です

もし何かの拍子にパスワードがもれてしまった時

そのパスワードを使用しているすべての場所が危険にさらされます

そのため、パスワードはそれぞれ固有のものを付けていただくようお願いします。

 

そのほか、パスワードの安全性を保つために以下のことを守ってください

●パスワードは他人に教えないで秘密にすること

●ユーザー名やパスワードを電子メールでやりとりしないこと

●パスワードを手帳にメモしたり、ディスプレイにそのメモを貼りつけたりしないこと

●パスワードをWebブラウザなどのソフトウェアに記憶させないこと